自己処理は肌にとってよくない?!

自己処理による脱毛が肌に良くないといわれているのは、ご存知でしょうか。
では、何故カミソリや毛抜き、除毛クリームが肌にとって良くないのかお伝えしていきましょう。

 

カミソリの自己処理

まずカミソリの自己処理についてですが、カミソリが刃物を通してムダ毛の処理をする為、どんなに慎重にカミソリを使用しても気が付いたら出血していたという事になりかねません。この為、カミソリは直接肌を傷つける為、出血の可能性や傷跡になる原因にもなりますので、脱毛としてはおすすめ出来ません。

 

ピンセットや毛抜きにおける自己処理

ピンセットや毛抜きにおける自己処理方法についても、やはりおすすめは出来ません。
何故なら、毛抜きは一本一本の毛を抜く為、痛みを伴いますのでカミソリよりも肌への負担が大きいといえるでしょう。

 

毛抜きを使用して毛先を摘んで、毛を引っ張りますと、毛穴よりも大きく毛根の部分が引き上げられてしまい、皮膚ごとが引っ張られてしまうのです。
すると、毛穴が開いて出血して細菌が入り、肌炎症を起こす原因にも繋がります。
また剃り残しの毛根部より、埋没毛になる恐れがあります。

 

 

 

除毛クリームや脱毛クリームで、肌の表面の毛を10分〜20分以上もかけて短時間で処理するメリットがありますが、毛を溶かす作用がある為、肌への影響を考えると肌に良いとはいえません。
カミソリや毛抜き、除毛クリームや脱毛クリームなどによる自己処理を行なったとしても、毛は1〜2週間もするとすぐに生えてきてしまいますので、その都度自己処理する事が大変なのです。

 

こうした事から考えていくと結果的には脱毛サロンに通われた方が肌にも優しく、自宅でムダ毛の処理に負われるというストレスから解放されます。
更に、最近の脱毛サロンや家庭用脱毛器は痛みを伴わない最新型の脱毛機を導入しており、安くて脱毛効果が早いといものが数多く存在します。